ジャックス債権サービス株式会社
HOME サービサーとは 業務内容 会社概要 お問合せ

平成10年10月「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)」が成立し、これまで弁護士にしか認められていなかった第三者による債権の回収が解禁となり、法務大臣の許可のもとに生まれた債権管理回収会社です。

[法務省Webサイト「債権管理回収業に関する特別措置法の仕組み」より抜粋]
法務大臣による許可においては、<1>5億円の最低資本金,<2>暴力団員等の関与がないこと,<3>常務に従事する取締役の1名以上に弁護士が含まれていることなどが要件とされています。
暴力団員等の関与の有無については、法務大臣が警察庁長官に意見聴取するものとされ、暴力団員等の排除が徹底されています。
取締役である弁護士の適格性については、法務大臣が日本弁護士連合会の意見を聴取することとされ、適格な弁護士が取締役として内部から債権回収会社(サービサー)の業務全般の適正を監督する仕組みが作られています。